皮膚病や皮膚炎の犬におすすめのシャンプーは?原因と洗い方

皮膚病の犬

皮膚病やアレルギー性皮膚炎がある犬は、原因に合わせて専用のシャンプーを用いて症状を改善していく必要があります。

今回は皮膚病やアレルギー性皮膚炎の犬にはどんなシャンプーを使えばいいか、どうやって洗えば愛犬に負担をかけないかを紹介します。

アレルギー性皮膚炎と一口にいっても症状が引き起こされるきっかけは様々なので、原因にあわせて適切に対処できるようになりましょう。

犬専用のシャンプーはどんなアレルギーや皮膚病に効果があるか

アレルギー症状の中でも食物性アレルギーは、肉や穀物などが原因で引き起こされます。

環境性アレルギーの場合はノミやハウスダストが原因です。

ノミやダニが皮膚に侵入したり、空気中のハウスダストを体内に吸い込んでしまうことで発症します。

特にアトピーの犬は環境性アレルギーの原因となる刺激に反応しやすいです。

これらのアレルギーの中で専用のシャンプーが有効になるのは、環境性アレルギーだけです。

食物性アレルギーで悩んでいる場合は、アレルギーを引き起こす原因の原材料を調べてドックフードを変えましょう。

次に犬の皮膚病は細菌が原因になります。

犬の肌に備わっているバリア機能が弱っている場合や、免疫力が落ちている場合に発症しやすいです。

皮膚病かなと思ったら自己診断せずに、まずは動物病院で獣医に診断してもらってから専用のシャンプーなどを利用して治療を始めましょう。

皮膚炎の症状ごとにシャンプーを選ぶ

犬の症状に合わせて適切なシャンプーを選べるようになりましょう。

まず乾燥肌やアトピー性皮膚炎で悩んでいる場合は、皮膚を保湿して柔軟性を維持する働きを期待できるセラミドが入ったシャンプーがおすすめです。

保湿性が高い薬用シャンプーで、皮膚が乾燥するのを防ぐのが症状改善のポイントです。

乾燥すると皮膚の表面を守るための機能も低下するため、清潔な状態にしてあげることも忘れないようにしましょう。

ノミやダニが原因の場合は皮膚からアレルゲン駆除するために、洗浄力や殺菌力に優れたシャンプーを選びましょう。

治療を始めたばかりのころは、特に洗浄力の優れたシャンプーを使う必要があります。

皮膚病の場合のシャンプーの選び方

皮膚病の場合は、症状によってペット用の薬用シャンプーを使い分けましょう。

皮脂が過剰に分泌される脂漏症の場合は、皮脂をしっかり取り除ける過酸化ベンゾイルなどが配合されたシャンプーが最適です。

ただし保湿のための皮脂まで取りすぎてしまう可能性があるので、乾燥対策として保湿も同時に行いましょう。

細菌が原因の皮膚炎は、酢酸クロルヘキシジンなどのウイルスや細菌に対して強い抗菌作用を持つシャンプーで対処するとよいです。

低濃度でも効果があり刺激性が低いものを選びましょう。最後にカビが増殖したことが原因の皮膚炎も、酢酸クロルヘキシジンが含まれたシャンプーがカビの繁殖を抑えるのに効果的です。

犬にシャンプーをする頻度や洗い方

ノミやダニによる環境性アレルギーの場合は、洗浄や殺菌を行うために普段よりもシャンプーの頻度を多めにした方がよいです。

最初のうちは週に2回程度洗って、次は10日後など段階的に行いましょう。

シャンプーの方法としてまずは体にシャワーをかける前にブラッシングをします。

ブラッシングをしておくと絡まった毛がほぐれるので、シャンプーやすすぎがしやすいです。

シャワーの温度は32度程度を目安にして、季節によって上手く調整しましょう。

シャンプーは体に直接つけるのではなく手のひらで泡立てて、体を先に洗ってから最後に顔を綺麗にします。

すすぐ場合は泡が残ってしまうと皮膚トラブルになりやすいので、入念に洗いましょう。

鼻が短い犬種は水が鼻に入りやすいので、丁寧にふき取るのが大事です。

シャンプー後はタオルでよく拭いてからドライヤーで乾かします。

毛が短い犬はタオルだけでも問題ないです。ドライヤーも使いすぎると皮膚を過度に乾燥させやすいので、温度設定などには気をつけましょう。

また、皮膚のトラブルが特にないならば、月に1から2度程度がおすすめです。

定期的にシャンプーをすると、皮膚や被毛を清潔に保てるのでダニやカビの予防になります。

まとめ。適切なシャンプーを選んで綺麗に洗ってあげるのが大事

今回紹介したように皮膚病やアレルギー性皮膚炎に対処するためには症状によって適切なシャンプーを選んで、皮膚を綺麗な状態にしてあげるのが重要です。

犬の肌はデリケートなので異常がみつかったら早めに改善しましょう。

また定期的にシャンプーで皮膚や被毛を清潔な状態に保つことは、皮膚炎などを予防する効果もあります。

分からないことがあったら素人判断で対処したりせず、獣医に診断してもらっておすすめのシャンプーを聞いてみましょう。