老犬の病気

老犬の病気

老犬の痙攣や震えの原因と対処法!重大な危険性も

老犬になってくるとプルプルと震えや痙攣を起こしてしまうこともあります。老犬が震えてしまうことには何気ないことである場合もあれば、病気の兆候である場合もあります。痙攣が起こっている原因が分からないという場合は動物病院で診察を受けて、適切な対処が行えるようにすることが大切です。
老犬の病気

老犬の下痢が心配…続くときは注意が必要?原因や症状、対処法

老犬の下痢が続くと、体力を奪われてしまい、一日中グッタリしてしまう場合もあります。絶食やドッグフードの工夫や動物病院に診てもらうなど、老犬の体調に合わせ、早めに対応してください。老犬になると自身の治癒力だけではカバーしきれないため、飼い主がしっかりと面倒を見る必要があります
老犬の病気

病気を知って心臓負担を軽くする!老犬を長生きさせるコツ

老犬と過ごす際に最も気をつけたいのが心臓への負担です。 人間にも様々な心臓病がありますが、犬は自分の体に異変を感じていても、それを言葉で伝えることができません。つまり、飼い主が、日頃から老犬の体調を管理し、病気の兆候に気付く必要があるのです。
老犬の病気

長年一緒に暮らしてきた老犬のために動物病院を選ぶポイント

老犬を長生きさせるためには、最適な動物病院を選ぶことが重要です。 動物病院選びは、愛犬が病気になってから急いで探すのではなく、健康な時から、いくつかのポイントをチェックしながら選ぶことが大切です。 今回は、老犬にとって良い動物病院を選ぶためのポイントを紹介します。
老犬の病気

老犬の病気に備える。知っておくべき4つの病気

老犬がかかりやすい病気として、ガン、心臓病、白内障、認知症があります。 老犬は話すことが出来ないので、自分から飼い主さんに病気になっていることを伝えることができません。 つまり、日頃から、老犬の体調をチェックし、病気の早期発見につとめることが重要なのです。