老犬の介護

老犬の介護

老犬の排泄のトイレ問題。オムツを履かせるべきなの?

老犬になると、足腰が弱くなって、自力で歩くことも立ち上がることもできない子や、呆けが始まってトイレの場所を忘れてしまった子、または排泄している意識もないほどに呆けてしまう子がいます。そんな老犬のトレイ問題に悩む場合は、老犬用のオムツを利用することをおすすめします。
老犬の介護

老犬が床でツルツル滑るときの4つの対処法

今や、室内床の主流となっているフローリングですが、犬にとっては滑りやすく踏ん張りが効きにくい少し困った存在です。 加齢に伴う筋力の低下によって、徐々にフローリング床の上で生活することは、愛犬にとって危険で不快なものになっていきます。
老犬の介護

白内障になった老犬の介護で注意することは?

犬の目は、耳の次に衰えやすい器官だと言われています。 あまり視覚には頼っていないと言われている犬でも、やはり目が見えなくなるといろいろな支障が出てきます。 目が見えなくなるとどのような行動を取るのか、飼い主としてどのようなことに気を付ければいいのか、予め知っておくことが必要です。
老犬の介護

介護グッズで床ずれを防ぐ!寝たきりの老犬が快適に過ごすコツ

老犬が寝たきりの時、問題になりやすいのが床ずれです。 血行不良によって起こる床ずれは、血流を低下させないのが予防のポイントになってきます。 こういった時に活用出来るのが、介護用として販売されている床ずれを予防するマットです。
老犬の介護

足腰が弱った老犬の介護はどうすればいい?

飼い主が愛犬の老いに一番気づきやすいのが、散歩に連れ出した時です。 何となくぎこちない歩き方をするようになったら、関節や筋肉の異常が疑われます。 実際、老犬になると一気に罹患率が高くなるのが、股関節の病気です。
老犬の介護

老犬への流動食の与え方と注意すべき点は?

愛犬が年を取り、歯が抜けたり噛む力が弱くなってきたと感じたら、食事をそれまでのペットフードから流動食に切り替えてあげましょう。 犬の流動食とは病気の際に食べさせるものではなく、老犬でも食べやすく消化吸収のよいフードのことを言います。
老犬の介護

老犬の夜鳴きを防ぐには?悩み解決方法

老犬の夜鳴きは飼い主の頭を悩ませる症状のひとつとされていて、老犬そのものの負担にもなっています。 このような老犬の夜鳴きを対処せずに放置してしまうと飼い主と老犬のお互いに寝不足になって負担がかかってしまうだけではなく、近所迷惑で苦情が寄せられる可能性もあるのです。
老犬の介護

老犬の寿命は何歳くらい?知っておけば残りの時間を大切にできる

愛犬は一緒に生活する中で、やがて老犬となっていきます。 そこで気になってくるのが愛犬が何歳まで生きれるのか、寿命はどの程度なのかです。 寿命を考えたくない飼い主さんもいると思いますが、寿命がどの程度なのかを知ればその間に何をすれば良いのか、どのように生活していけば良いのか把握しやすくなります。
老犬のペット保険

老犬でもペット保険に入れる?加入するメリットを解説

犬用のペット保険には、さまざまな種類があります。 年老いた愛犬を長生きさせたいと思い、ペット保険への加入を検討しようとしている人もいるのではないでしょうか。 その際、そもそも老犬が加入できるペット保険があるのか不安に思うかもしれません。 そこで、老犬の保険加入について解説し、メリット・デメリットなども紹介します。
老犬の介護

老犬のボケ防止!多頭飼いで心と体に刺激を与えよう

他の犬と会う機会が少ない1匹で飼われている犬も刺激がなく、認知症になりやすいです。 金銭的な余裕がある場合は、多頭飼いをすると良いかもしれません。 他の犬と日頃からコミュニケーションをとることで、犬は頭を使います。 散歩で他の犬とじゃれ合うこともボケ予防となりますが、頻繁に接触がない場合は多頭飼いの方が効果は高いです。
老犬の介護

老犬だからこそ!緊急時のため、獣医さんに往診してもらう準備を。

愛犬の緊急時に来てもらえる獣医さんをあらかじめ知っておけば、飼い主さんは落ち着いて対処することができます。 では、緊急時に愛犬を動物病院に連れていけない場合、獣医さんに往診してもらうにはどうしたらいいでしょうか。
老犬の介護

愛犬が緊急事態!車が運転できないけど、どうする?

最近では、ペットタクシーというサービスがあります。 主に都心でのサービスになりますが、お住まいの周辺に、会社があるかどうか、調べてみましょう。 特に愛犬が大型の方にはおすすめです。 もちろん、飼い主さんも同乗できますし、スタッフがペットの扱いに慣れているというメリットがあります。
老犬の介護

老犬に快適なバリアフリーの環境を。

例えばソファーなどに上がる際に階段などの補助をつけてあげると、足腰に負担が少なく行きたい場所にいけるというようなアイテムを用意してあげるだけでも違います。 その少しの気遣いが、愛犬への愛情になるのです。 それを犬もきちんと分かってくれますので、より飼い主と犬との絆も深くなります。
老犬の介護

老犬の介護用品にはどのような物があるの?

飼い主さんが頑張っている間は、犬は全力で応えてくれるので、愛犬に少しでも頑張ってもらえるように、介護の世話を楽にしてくれる介護用品をリサーチしておく事で、いざという時にスムーズにお世話をしてあげる事が出来ます。