老犬のドッグフード

老犬のドッグフード

歯や顎が弱くなった老犬・シニア犬には柔らかいウェットのドッグフードが良いの?

食べやすさという点ではウェットのドッグフードは特に優れているといえます。歯や顎が弱くなっていたり問題を抱えていたりするような場合には、柔らかいウェットドッグフードを中心にしてあげると食べやすくなります。香りが良いのもウェットフードの特徴ですから、食欲が薄れてきた犬にもおすすめです。
老犬のドッグフード

老犬におすすめのドッグフードは?評判と正しい選び方

塩分は控える、糖分を摂り過ぎない、カロリーを制限するなど、犬も年齢に合ったフードを選ぶ必要があります。若いころ食べていて気に入っていたドッグフードも年を取ると食べにくくなったり、老齢期に必要な栄養素が十分に摂れないこともあります。そこで、老犬にぜひ食べさせたいドッグフードを5つご紹介します。
老犬のドッグフード

何で食べないの?老犬がドッグフードを食べない時の対策

シニア期に入った老犬がご飯を食べてくれないときは、飼い主の側が対策を取ってあげる必要があります。ドッグフードを変えたり、食事環境を整えるなど、できることはたくさんあります。また、単なる食欲不振だと決めつけず、その後ろに何か原因が隠されていないか確認することも大切です。
老犬のドッグフード

老犬が喜んで食べる餌と手作りごはんにおすすめの食材

老犬になるほど味覚が鈍くなったり、食が細くなってしまうことがあります。必要な栄養素をきちんと摂取しないと、体調を崩しやすく、病気になりやすくなります。愛犬を大切に育てていれば、必ずやって来る老犬への食事問題。今回は、食事を食べない老犬の食欲をうながす手作りごはんとおすすめ食材についてご紹介します。
老犬のドッグフード

もしかして食べ過ぎ?老犬には1日にドッグフードを何回与えるべきか

老犬になると、長生きさせるためにも食事に気を付けなければいけません。今回は、老犬には1日に何回ドッグフーをを与えるべきかについて解説します。ドッグフードを食べなくなる原因や対処法についても見ていくので、老犬を飼っている方は参考にしてみてください。
老犬のドッグフード

老犬には、ドッグフードをふやかすべき?栄養はなくならないの?

老犬になると、噛む力が弱くなるだけでなく胃腸などの消化器官も弱くなってきます。食事が適切に摂れないと栄養や健康に支障をきたすことにもなりかねません。そこでドッグフードをふやかすという方法が採られますが、どのようにしたらよいのか解説していきます。
老犬のドッグフード

老犬に評判のおすすめドッグフードランキングは?シニア犬に安心安全な餌

人間と同じように愛犬も年を重ねると体に支障が出やすくなります。 年齢を重ねれば身体が弱ると諦める人もいるかもしれませんが、先手を打っておけば長生きにつながる可能性もあるのです。 老犬のライフステージに会ったおすすめドッグフードを食べ...