老犬の健康

老犬の健康

老犬をドッグランに連れていく際の注意点

年齢を重ねると、犬は自分からなかなか体を動かそうとしにくくなるものです。 昔のように元気に遊んでほしいと、ドッグランに連れていくことを考えている方も多いでしょう。 適度な運動をさせることは健康にプラスの影響を与えることもあるので、無理のない範囲で楽しめるようにしてあげたいところです。
老犬の健康

老犬が食欲不振?年齢に応じた食事で健康をサポート

年を取ると食欲が低下するのは、犬も人間も同じです。 食べ物を消化吸収する力も低下していくので、食事にはこれまで以上に気を使ってあげることが大切になります。 いざそうなったときに慌てないためにも、愛犬の年齢に合わせて飼い主側が知識を蓄えておきましょう。
老犬の健康

老犬が薬を飲んでくれない時の対処方法

犬は薬を飲むのが苦手です。 それは小さい頃から一貫しており、錠剤の薬をご飯に混ぜて出しても、吐き出します。 これはご飯の中の異物を感知するため起こる行動であり、口内でじっくりと調べた結果、苦みを感じるからです。 そのため錠剤のまま出しても飲み込む犬は少なく、老犬になるとその傾向はより顕著になります。
老犬の健康

犬だって寒い、老犬の真冬対策

老犬ともなると、真冬の寒さに耐えるための体力も、当然ながら衰えてきます。そこで、寒さ対策がどうしても必要になります。 その方法は、基本的に2種類あり、保温と加温とになります。
老犬の健康

老犬の真夏対策。暑い夏を乗り切るためのポイント

犬も人間と同様に年齢を重ねていくことで徐々に体力が低下していくため、暑さなどの気温の変化に適応していくのは大変です。 特に気温が上昇する真夏の時期は適切な暑さ対策が必要と言えます。
老犬の健康

老犬の治療にセカンドオピニオンという選択肢

飼っていた犬が年老いていくと、不調や病気で病院に行く機会も増えると思います。 その病院の治療に不安がなければ問題ありませんが、診断結果に納得できなかったり治療の方法に疑問を持ったりした時に、セカンドオピニオンという選択肢を持っておきましょう。
老犬の健康

老犬の夜泣き、徘徊などのボケ症状との上手な付き合い方

老犬になると、「トイレを失敗する」、「夜泣きをする」、「徘徊する」、「攻撃的になる」などのボケ認知症の症状が発生します。 認知症と診断されてしまった場合の付き合い方としては、スキンシップを大切することです。 体を触ってあげたり話しかけてあげることで脳への刺激を与えることが大事です。
老犬の健康

散歩で、老犬の寝たきりを防ごう

散歩は、老犬にとっても歩けるうちは必要です。 1日中家の中にだけいると、どうしてもストレスが溜まってよけいに老化が早くなります。 外の世界での様々な刺激を感じて、犬の狩猟本能である鼻でにおいをかぐ習性を働かせてあげることで、精神的にもバランスを保持できるのです。
老犬の健康

日頃から老犬の排泄物の変化をチェックしよう

人間同様に尿や便などの排泄物から老化のサインや病気にきづくことも多々ありますので、日頃から注意をして観察をする事が大事です。 また、排泄物の見た目ではなく、尿をトイレに行くまでに漏らしてしまうような場合も老化のサインのひとつになり、時には重篤な病気のサインの可能性があります。
老犬の健康

老犬も人間と同じ。行動の変化をチェックしよう。

犬も人間と同じように老化がやってきます。 しかし、犬の寿命は人間の寿命よりも短い分、老化も早くやってくるのです。 特にシニア期と言われている老化の一歩手前から老化のサインが見られるようになりますが、ついつい見落としてしまいがちです。
老犬の健康

見逃さないで!老犬の病気サイン

老化のサイン、病気の兆候に気付くには、普段から愛犬の様子に気を配る必要があります。そうすれば普段と違うところがあったとき、すぐに気付くことができるからです。何かあったときすぐ対処できるようにしておくことは、飼い主さんの大事な役目です。
老犬の健康

愛する老犬をより長生きさせる7つの秘訣

愛犬は飼い主よりも早いペースで歳を取り、気づけば老犬になってしまいます。 大切な愛犬と長く過ごせるように飼い主ができることは、愛犬の健康管理でしょう。老犬をより長生きさせるために知ってほしい7つのポイントがあります。
老犬の健康

ペットの老いの兆候に気をつけて健康寿命をのばす

犬は家族の一員といってもよいほど身近な存在です。 子犬から飼い始めたペットも、人間と同じようにいつかは老いていきます。 病気や体の変化に早く気づいて対処すれば、ペットが健康に生活できる時間を長くできる可能性も高くなります。