子犬を飼いたい!ペットショップとブリーダー、どっちで購入すればいいの?

子犬を飼う

子犬を初めて飼おうと思ったら、まずは生き物を飼うことに対する心構えを確認することから始める必要があります。

心構えも確認し、いざ心が決まったらどこからどのようにして子犬を迎え入れるのが良いのか迷ってしまうことがあるかもしれません。

初めて子犬を飼う時の注意点や迎え入れる時の手段などを紹介します。

子犬を飼う時の心得とは

子犬を飼うということは、その犬の面倒を一生見るという責任を負うことです。

ペットショップなどで見かけた子犬が可愛くて、安易に飼いたいと言ってはいないでしょうか。

犬は自分で飼い主を選ぶことはできません。

他の家族の同意や協力が得られるかどうか、毎日散歩に連れ出して食事を与え、シャンプーやブラッシングを定期的に行うなど必要なお世話が確実にできるのかということについて、きちんと確認しておくことが重要です。

犬を家族の一員として迎え入れるからには当然犬のために自分の時間を割かなければならず、また費用もかかってきます。

一生家族として面倒を見るためには、それだけの責任を負うための覚悟と犬を飼うための環境を整備することが前もって必要です。

子犬を迎える準備とは

子犬を飼うことを決めたら、その犬をどこで飼うのかを決めなくてはいけません。

外で飼うのと室内で飼うのとでは、揃えるべき最低限のものも変わってきます。

小型犬を飼うつもりならば、室内で飼うことになるでしょうし、大型犬の場合は室外で飼うことが多いでしょう。

飼おうとしている犬の種類によっても場所は変わってきます。

また、飼う犬が吠えやすい性格を持っていたりする場合は、ご近所への迷惑という点も考慮する必要があります。

室外で飼う場合は日陰を用意したり、雨が強い日には室内にも迎え入れることができるようにするなど様々な状況を想定して、準備することが大切です。

室内で飼う場合、小さな子供がいる家庭は特に注意しましょう。

子犬を飼う際の犬種の選び方の判断基準

先に書いたように、飼う犬によって飼育環境が異なります。

飼育環境が整っていなければ望んでも飼うことができないため、環境に応じた犬種を選ぶ必要があります。

犬種を選ぶ際には飼う場所以外にも、飼う家の家族構成も考慮することをおすすめします。

例えば高齢者と暮らす場合、散歩させることなどを考えると、運動量の少ない落ち着いた犬種を選ぶと良いでしょう。

シーズーやトイプードルなどは大人しく、お手入れにも比較的手がかかりません。

また子供がいる家庭でしつけに十分な時間をかけることができる場合は、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーなどがおすすめです。

この犬種は子供とじゃれあうのが好きで、子供のいたずらにも我慢強いという性格を持っています。

しつけに時間をかけることができない場合は、小型犬のうちから飼うのではなく、子供に慣れた成犬から飼い始めるのも良いかもしれません。

ペットショップから子犬を購入する場合

一般的なペットショップでは様々な犬種のブリーダーと契約し、そのブリーダーから子犬を仕入れて販売しています。

ペットショップの特徴は店頭で直接気になる犬を見たり、触ったりすることができる点です。

さらに、多くの種類の犬を一度に見ることができるので比較検討もしやすいでしょう。

大きなペットショップでは生命保証がついていたり、全国展開ならば欲しい犬種を探してくれる所もあります。

必要なペット用品なども一度に揃えることができるのもメリットと言えます。

ただし、中にはペットショップに卸して儲けるためだけに生体を繁殖させているブリーダーがいることも事実です。

ブリーダーから子犬を購入する場合

では、ブリーダーから直接購入するのはどうでしょうか。

ブリーダーには、ペットショップに卸しているブリーダーと独自に販売しているブリーダーの2種類がいます。

通常ブリーダーから購入するという場合は、後者の独自に販売しているブリーダーのことを指します。

この場合は犬を飼育している場所が販売場所となるため、犬種としては限られることが多いようです。

そのため、前もって犬種を決めてから連絡を取ることになるでしょう。

ブリーダーから購入する場合は、実際に飼おうとしてる子犬の飼育環境を見学することができますし、その子犬の親犬なども見ることができます。

その犬の性格や大きくなったらどのくらいの大きさに成長するのかなどがイメージしやすくなります。

どちらにもメリット、デメリットはある

子犬をペットショップで買うか、ブリーダーから直接買うかということについて比較してみると、どちらにもメリットやデメリットがあります。

どちらから購入するのが正解という風に結論づけることは難しいですが、子犬を飼うことを決めたのであれば、きちんとした覚悟を持って子犬を迎え入れるようにすることが何より大事です。