しゅう太郎

老犬と悔いなく暮らすためには、正しい知識が必要です。 病気になってから治療するのではなく、病気にならないように、積極的に「老い」と向き合っていきましょう。