犬にミネラルウォーターは尿結石や下痢の原因?飲み水の問題

犬が飲む水

犬を飼うのはとても良いですよね。

可愛くて癒やされてますし、寂しくても犬がいれば大丈夫です。

しかし犬を飼っていて心配になるのは健康です。

なるべく健康に長生きして、幸せに行きて欲しいと思うのは、全ての飼い主の願いではないでしょうか。 犬の健康には毎日の食生活が最も大切です。

犬に限らず人間も生き物はみんなそうですよね。

その中でも最も大切な「飲み水」から健康を考えていきましょう。

ミネラルウォーターは尿結石の原因?

犬に市販のミネラルウォーターを与えるのは、尿結石の原因になるからやめた方がいい、という話を聞いたことがあるでしょうか。

人間に取っては塩素などの影響がなくて健康にいいものとされていますが、犬にとっては違うのでしょうか。

結論から言いますと、「尿結石の原因はミネラルウォーターだけが原因ではないが、ミネラルウォーターも原因の一つ」です。

まず尿結石の原因について説明したいのですが、尿結石の原因の一つはミネラルの過剰摂取と言われています。

ミネラルとはカルシウムやマグネシウム、カリウムなどの成分のことです。特にカルシウムの過剰摂取が原因になりやすいです。

他にも排尿数が少ないのも原因と言われています。

尿をするのを我慢したり、夏などは特に水分を摂取しないと水分不足になり尿の回数が減ります。

適切な頻度で排尿をしないと尿管結石の原因となります。

ミネラルウォーターには大きく分けると2種類があります。

硬水と軟水です。

硬水とはミネラルを多く含有するものを言います。

硬水は尿結石の原因になります。

しかし適切な頻度の排尿ができれば、尿結石のリスクは減らせるのですが、犬は常にトイレに行けるという状況でない場合もあります。

散歩の時にするだけという犬もいるでしょう。

それらの原因が重なって尿結石の原因となってしまいます。

軟水のミネラルウォーターは、ミネラル含有量が少ないので、尿結石の原因にはほとんどなりません。

犬に与えるのは軟水の方が望まれるでしょう。

ミネラルウォーターは下痢の原因?

ミネラルウォーターは尿結石だけでなく、下痢の原因にもなると聞いたことがあるのではないでしょうか。

これも最近言われるようになった話ですが結論から言いますと、下痢の原因になることはあります。

これもミネラルの過剰摂取が原因になります。

ミネラルの一つのマグネシウムが原因です。マグネシウムも硬水のミネラルウォーターには多く含まれています。

マグネシウムは便秘薬にも使われる成分です。

ですので過剰に摂取すれば下痢の原因になります。

犬に限らず人間でもそうなので、敏感な方は硬水を多く飲むと下痢をしてしまうかもしれません。

ペット向けのミネラルウォーターは必要なの?

では犬にミネラルウォーターはダメなのか、と思ってしまいそうですが、そうではありません。

先程も少し説明しましたが、軟水のミネラルウォーターなら尿結石と下痢の原因になるミネラルの含有量が少ないので、それらの病気のリスクは少なくなります。

軟水のミネラルウォーターは、いろはす、Volvic、南アルプスの天然水、クリスタルガイザーなどがあります。

特にいろはすは硬度が低いことで知られます。

日本のコンビニなどで普通に売られているミネラルウォーターはほとんどが軟水ですが、普通のコンビニで売られている硬水と言えばエビアンなどです。

水道水は安全なの?

水道水は犬にあげても大丈夫なのか、心配になる方もいるでしょう。

塩素などの影響であまり体に良い物だとされていないというのを知っている方も多いでしょう。

確かに塩素は体に良い成分ではありませんが、日本水道水の基準は非常に高いので、安心して飲むことはできます。

犬にとっても基本的には問題がないレベルです。

ミネラルウォーターやペット用の水の方がベストではありますが、それほど気にしなくても大丈夫です。

また水道水には腐りづらいというメリットがあります。

もし何らかの理由で、数日水を変えてあげられない時は水道水を使う方が安心です。

ペット専用水なら間違いなし

水道水もミネラルウォーターも、成分に若干の不安は残ります。

大問題ではありませんが、少しでも健康に気をつけたいという方は、ペット専用水がおすすめです。

ペット専用水はミネラル含有量も多く含まず、ペット用に調整されています。

尿結石や下痢の心配も少ないでしょう。

また水道水のような塩素成分ももちろん含まれていないので安心です。

成分的にはミネラルウォーターの軟水のような成分です。

中にはミネラルがほとんど含まれていない、硬度0の商品もあります。

ただ硬度0の水が尿結石や下痢の原因にはなりづらいですが、健康に良いのかどうかは意見が別れています。

まとめ。犬の飲み水にも気をつけたい

水は生き物にとって最も大事なかかせないものです。もちろん犬にとっても大切で、毎日取るものです。

犬はミネラルの過剰摂取を起こしやすいので、ミネラル含有量の多い硬水を与えるのは好まれません。

ミネラルウォーターを与えるなら、軟水かペット専用水を与えましょう。

水道水は健康に不安がありますが、過剰に心配するほどのものでもないので犬に与えても大丈夫です。