愛犬が緊急事態!車が運転できないけど、どうする?

老犬の緊急事態

長年連れそってきた、大切なパートナーであるペットも、去りゆく年月には勝てず老いていきます。

老犬になっても、かわいい事に変わりはなく、家族の一員として、少しでも長生きしてほしいものです。

その為には、日ごろから栄養・運動・睡眠のバランスに気を配り、労わってあげる事が重要です。

それでも、歳をとればとるほど、体調を崩したり、食べ物を喉に詰まらせたり、意識を失ったりという緊急事態がありえます。

老犬の緊急事態!そんな時、どうする?

その時に、あわててパニックにならないように、事前に「備えて」おきましょう。それが、大切な愛犬を守ることになります。

緊急事態の時、マイカーですぐに病院に行く事ができれば、それが一番です。

ですが、マイカーがない場合、またはクルマの運転ができない方は、より十分に備えてください。備えあれば憂いなし。

事前に準備しておけば、きっと役に立ちます。あとから後悔する事は避けましょう!

タクシーで、動物病院に連れて行く

さて、準備は大きく分けて3つあります。

まず、移動はタクシーをおすすめします。

公共の交通機関ですと、時間がかかってしまったり、早朝や深夜の場合は、移動できないからです。

そこで、最寄りのタクシー会社と、行きつけの動物病院の電話番号を1つの紙に書きましょう。

また動物病院は住所まで書いてください。タクシーの運転手さんに見せるためです。

そうする事で、突然の事で動揺していても、メモを見せることで、迅速に病院へ向かうことができます。

メモは、電話のそばか、急な事態でも思い出せるように、わかりやすい場所に置くことをおすすめします。

ご家族がいる場合は、皆がわかるようにしておきましょう。

必需品を1つのバッグにまとめておく

次に、病院のカルテと、タオル・ティッシュ・ビニール袋・リード等を1つのバッグにまとめておきましょう。

いざ、出かけるという時に、その「バッグ1つを持って行けば大丈夫な状態」が理想です。

特にカルテは、日頃の通院履歴や飲んでいる薬、持病や症状など、必要な情報が入っている場合がありますので、忘れないようにすることが肝心です。

移動用のケージを準備する

最後に、移動用のケージを準備することをおすすめします。

ケージを使わない、という方がいらっしゃいますが、一般のタクシーですと嫌がられたり、断られたりするケースがありえます。

一刻を争う事態に、そのようなやり取りは時間の無駄です。

できれば、事前に、利用するタクシー会社に確認しておくと安心です。

大型犬の場合は大変だと思いますが、その辺りを含めて重ねて確認しておいて損はありません。

またケージに入ることに馴れていない場合は、馴らしておくことも大切です。

もし、いきつけの動物病院が遠方の場合は、緊急時に受け入れてくれる近場の病院を決めておくことも、最悪の事態を回避する一つの方法になるでしょう。

近くに、ペットタクシーがあるか探しておく

ちなみに最近では、ペットタクシーというサービスがあります。

主に都心でのサービスになりますが、お住まいの周辺に、会社があるかどうか、調べてみてはどうでしょうか。

特に愛犬が大型の方にはおすすめです。

もちろん、飼い主さんも同乗できますし、スタッフがペットの扱いに慣れているというメリットがあります。

一般のタクシーや知人の方に頼むのと違い、いろいろと気をつかわなくて済みます。

抜け毛や臭いを気にすることもありません。

インターネットやタウンページ等で調べるか、動物病院に尋ねてみるもの良いでしょう。

狂犬病予防やワクチン接種をしていない場合は利用できない等、条件がありますので、こちらも事前に確認しておき、安心な状態で備えましょう。